Q、【 市販されているウズラの卵は温めるとふ化する!?】

ジーク通信

0798-98-2666

〒662-0867 兵庫県西宮市大社町12-19-C

【電話受付時間】月~日曜日 9:00~17:00

※受付時間外または、お急ぎの方はケータイまでご連絡ください

代表携帯080-2526-1192

lv

Q、【 市販されているウズラの卵は温めるとふ化する!?】

防犯カメラ

2017/03/11 Q、【 市販されているウズラの卵は温めるとふ化する!?】

↓答えは最後

 

大阪府大阪市中央区船越にあるマンションに防犯カメラを設置しました。

 

AHD 4CH デジタルレコーダー 1 台 

 

AHD 屋外用 赤外線型カメラ 220万画素高画質 1 台 

 

マンション 正面 出入口

 

AHD 屋外用 赤外線型カメラ 220万画素高画質
設置箇所

 

 

撮影イメージ 

 

 

A、【 市販されているウズラの卵は温めるとふ化する!?】

 

市販されているニワトリの卵は基本的にはふ化しないが、ウズラの卵はふ化する可能性があるというのです。なぜでしょうか?

 

ニワトリは基本的に交尾をしなくても卵(無精卵)を産む習性なので、オスメスを別々に飼育することで有精卵にはなりません。

 

しかし、ウズラは専門家でもオスメスの判別が難しいため、ひとつのケージにメス、オスたくさん入っています。

 

つまり、どれが有精卵でどれが無精卵かわからない状態で出荷されているため、ウズラの卵はふ化する可能性があるのです。

 

その確率は20コに1コくらいの割合で存在しているとも言われています。

 

実際に、小学生の女の子がウズラの卵をふ化させたとニュースで聞いたことがあります。(ふ化させるには相当の知識と努力が必要でしょうけど…)

 

番組の話では、ふ化させるポイントは

 

●温度は35~38℃

 

●湿度は50%を維持

 

●8時間に1回くらい卵を転がす

 

この3つがポイントとなるそうです。
ケースの中にカイロを入れ適温を保つ、水の入ったコップで湿度を保つことが大切だそうです。

 

もう一つが、殻の内側に細胞がくっつかないように卵を転がすことが一番のポイントだそうです。

ジーク通信
兵庫県西宮市大社町2-12
0798-78-5255
http://www.sieg-kommunikation.com

TOP